The Earthの先輩を知る

接客のプロを目指す人にとっては
総合的なスキルが身に着く
魅力いっぱいの職場です。

小須賀えり

小須賀 えり

The Earth:支配人
2008年 中途入社
神奈川県出身

御宿The Earthでの仕事の魅力

「御宿The Earth」というブランドが固まっているので、ここでの仕事には確立されたルールがあるように思われますが、実はそうしたルールなどは全くありません。あるとするなら「お客さまに合わせたサービスを提供する」ということで、そのためならマルチタスクでどんなことでもやってほしいと思っています。スタッフにはそれぞれ役割分担もありますが、それにとらわれずプラスアルファのことをするのは大歓迎。つまりなんでもチャレンジできる環境であることが、働く人にとっての魅力だと思います。面接の時にもお伝えしていることですが、ホテルは規模が大きいため効率よく運営するために縦割りでシステマティックになっています。これがやりたいというピンポイントな目標意識があるならばホテルに行くべきだと思います。一方、旅館はいろんな業務を全て横割で切り取っていますので、旅館の仕事全部に関わることができるんです。広く接客サービスの仕事がしてみたいという人にとっては、活躍の場がたくさんあり、魅力いっぱいの職場だと思います。

仕事の難しさ・やりがい

接客の仕事の難しさは、「自分の常識が人によっては通用しない場合がある」ということです。人それぞれ育った環境が違えば、感覚も違います。そのため、お客さまが求めていらっしゃる内容を、最善な方法で形に表せるよう懸命に考えています。こういう時にはこうされると嬉しいという事も、それをしてもらった経験がなければ分からないでしょう。そんなさまざまな人が集まるなかでも、みんなが同じ目標に向かって心に残るサービス提供に努めていくことで、お客さまから「ありがとう」という言葉をいただき、喜びを分かち合える瞬間があります。それがこの仕事の醍醐味でもあり、やりがいでもあると思います。

インタビュー

女性ならではの感性への期待

お客さまもさまざまですし、担当する業務も幅広いので、男女それぞれの感性を生かせる場面があると思いますが、物腰の柔らかさやとっつきやすさという点では女性のほうにアドバンテージがあると思います。また女性のお客さまが持っているマーケットというのはすごく広く、例えば男性のお客さまですとご夫婦か恋人同士という場合がほとんどですが、女性の場合はそれに加えて、お友達同士、女子会、母娘といった関係でおみえになることも多いです。それだけに女性目線でのサポートやサービス、企画などを考えていく上で、女性の感性を生かせるフィールドはたくさんあると思います。

学生へのメッセージ

私もこうした業種に興味はあったものの、専門の勉強をして入ったわけではなく、最初にご縁のあったホテルがきっかけで今に至っています。誰でも最初は未経験なので、自分の気持ちを伝えてチャンスを与えてくれるところがあれば、それをつかむべきだと思います。未経験でも気力さえあればやっていけると思うので、とにかくチャンスを大事にしてください。

The Earthの先輩たち

小須賀えり

小須賀えり

山村茂

山村 茂

東浦伸行

東浦伸行

濱中秀行

濱中秀行

西田翔一

西田翔一

原田南実

原田南実

悠季の里の先輩たち

中村萌

中村 萌

浦上翼

浦上 翼

為野友仁

為野友仁

山本美穂

山本美穂

小池達也

小池達也

伊藤千尋

伊藤千尋

私たちと一緒に日本の観光産業を
リードしていきましょう!